2011年03月13日

震災報道に思う

皆さん、大丈夫でしょうか?
想像を絶する被害です。
予定されていた仕事も全て中止。
昨夜は結局、一睡も出来ず、
1日中、家にいて報道を見てました。

テレビを見ていて思った事...
アナウンサーやキャスターの中で
何か勘違いをしているなと思う
言動が多々ありました。
この震災はバラエティじゃない、
ニュースって感じじゃなかったです。
言葉でものを伝える同じ仕事をしているものとして
ちょっと許しがたい感じがしました。

夕方、学校から呼び出しがあったので
急きょ梅田まで行ったんですが、
これが震災のあった同じ日本なのかと
目を疑ってしまいました。

そこには日常の街の姿が...
買い物客であふれる人の流れ。
いつもと変わらない大阪の街でした。

帰ってテレビをつけたら
福島原子力発電所の爆発があったと...

ニュースで流れる悲惨な光景と
さっき見た買い物客であふれる街の姿...
このギャップは何なんだろうか?
無関心な時代だと言うけれど、
この国はホントに大丈夫なのか?


★携帯でもこのブログが読めます。

2011011620524019532.gif

★こちらもよろしく!
『桂きん太郎の婚活一直線!!!』
http://ameblo.jp/kansai-kintaro/

★Twitterできん太郎がつぶやいています。
http://twitter.com/kintaroh_

★人気ブログランキングに投票よろしく!
↓↓↓ここをクリック↓↓↓
人気ブログランキングへ
posted by kintaroh! at 00:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
お言葉ですが、阪神・淡路大震災の時に、今回の被災地である、東北・関東の方々は、普通に日常生活を送っていたはずです。
さほど影響の無かった、お隣の大阪ですら、そうであったと記憶しています。

被災地以外の一般市民は、救出活動を手伝う事も出来ず、どうしたら良いかわかりません。
自分が生きる為に、、仕事もしないといけないし、買い物もしないければならないでしょう。
そういった日常生活を送りながらも、節水・節電・募金等、出来る範囲で協力するしかありません。

被災地の事を、全くの他人事と思っている人を“無関心”と嘆くのは同感ですが、心を痛めつつ、日常生活を送る人については、憂いたりする必要は無いのではないかと考えます。
(梅田でご覧になった光景が、前者に当てはまる人ばかりであったなら、残念です)

個人的な意見で恐縮ですが、16年前に被災者だった者からの、一つの考え方として聞いて頂けたらと思い、投稿しました。

乱文失礼致しました。
Posted by 花粉症 at 2011年03月14日 00:30
仕事をするのや買い物をするのも生活の中で
必要な事であり、悪い事だとは思っておりません。
その中には心を痛めておられる方もいるでしょう。

ただ、極端な表現ですが、
スーパーで食品を買っているのと、
ゲームセンターでキャッキャ言いながら
友達とゲームをしているのとは
同じ生活の中でもあきらかに意識は違います。

短い文章の中で自分の気持ちのすべてを表現するのは
とても難しい事ですが、
同じ日本に住み生活している中で、
温度差と言うか、ただただギャップを感じたという事です。
Posted by kintaroh! at 2011年03月14日 04:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43810591
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック