2012年06月28日

エマージェンシー!!

こんにちは、きん太郎です。

ごぶさたしております。
いろいろな事があって久しぶりの更新です。

今月頭の早朝、
弟から父親がいなくなったと
電話がありました。
それも3日間も家に帰っていないそうで、
近所の方から
「何かおかしい、
 最近、お父さんを見掛けないよ」
と連絡があった事で発覚したのです。

弟も私も実家に住んでいないので、
一緒に住んでいる母親に尋ねるも
母親は痴呆症なので、
父親がいなくなった事すら
わかっていませんでした。

父親がいなくなる2日ほど前に
実家に帰って顔を見たのが最後です。
その時には元気だったし、
何も不審に思う事はなかったんですけどね。

母親の介護をするのが
嫌になって家出したのか? 
それとも、どこかで自殺... 
いやいやそんなことはない、
何か事件に巻き込まれたのか? 
頭の中でいろんな可能性が交錯する中、
すぐに警察に行って、
捜索願いを出すことにしました。

警察に行くと、失踪者の特徴だとか、
性格だとか、生活様式など
100項目ぐらいの質問に答えながら
ファイルを作っていくのです。
今や「捜索」というより
「検索」の時代ですからね。

失踪者のデータを作って
そのデータに基づいて検索し、
莫大なデータから引っ掛からないと
個人を絞り込めないのでしょう。

お酒は飲みますか? 
タバコは吸いますか? 
性格は? 
身体的な特徴ではない項目も
たくさんありました。
 
早朝から慌ただしく
ファイルを作っている最中に、
出勤してきた警察官の方から
有力な情報がもたらされたのです。

「そういえば先日、
 うどん屋で倒れて救急搬送された
 身元不明者がいたなぁ」 
ちょうどその日は
父親がいなくなった日でした。

「ちょっと待っててや、
 その人の写真があるで。
 この人は自分の名前も住所も
 喋れなくなっててな...」 

写真を見せてもらうと
正しく父親の姿でした。
生きていた...ひょっとしたら
ひょっとするかも知れない、
変わり果てた姿になっているかもと
思っていただけに、
どんな状態であれ、
命があって生きていた、
それだけでこんな嬉しく思うことは
ありませんでしたね。

すぐに病院に行って
本人だと確認しまして、
3日経ってようやく身元不明者から
「名前あり」になりました(笑)

先生に話を聞くと病名は脳梗塞。
身体の右半分が麻痺していて、
言葉を司る場所にダメージを受けて
喋れないと聞かされました。
しばらくHCU(ハイケアユニット)
にて絶対安静の状態で、
病院の先生から呼ばれて
「残念ながら、あと1日2日の命です」
と告げられました。

あれから半月、脅威の回復力で
父親が死の淵から蘇ってきました。
まだまだ「堤防沿い」を
歩いているのは確かですが、
「人生のロスタイム」は
いくらか残されているようです。

人生いろいろありますね〜
次のテーマは「親孝行」か?
どっからでもかかってこんかい!!
受けて立つで〜(笑)


★Facebook始めました。
facebookをされている方は
友達リクエストして下さいね。
http://www.facebook.com/kintaroh

★こちらもよろしく!
『桂きん太郎の婚活一直線!!!』
http://ameblo.jp/kansai-kintaro/

★Twitterできん太郎がつぶやいています。
http://twitter.com/kintaroh_

★人気ブログランキングに投票よろしく!
↓↓↓ここをクリック↓↓↓
人気ブログランキングへ

posted by kintaroh! at 04:57| Comment(7) | 日記